変換器(センサ)一覧へ

 

トルク変換器

 

   

トルク変換器は、回転機器の回転軸(シャフト)の軸間に取り付けて伝達トルクを測定する変換器です。
回転軸のねじりをひずみゲージで電気量に変換し、内蔵スリップリングを介して回転軸から静止側へ伝達を行っています。
用途は、回転機器の開発、試験検査部門でトルクの測定に用いられています。
尚、トルク変換器を選定するに当り、回転か非回転か、測定トルクと使用回転数、取付スペース、計測時間などを考慮する必要があります。

 

 

 

 

 

 

トルク変換器

型式

外観

構造・特長

定格範囲

TP-L

  

非回転形・超微小トルク・アルミ合金製※1

1 ~ 100N•cm

TP-R

   

非回転形・低トルク・高剛性・アルミ合金製※1

50 ~ 1000N•cm

9E05-T1

  

非回転形・高剛性・両端フランジ付・汎用

50 ~ 20kN•m

9E05-B1

  

回転形形(スリップリング方式)・汎用※1

5 ~ 20kN•m

 
※1  全て受注生産品です。

 

                                                       ページのTOPへ