データ収録装置

一体型車載データ収録システム

一体型車載データ収録システム DR-600シリーズ

多chデータ収録を目的として開発されたPCカードレコーダです。
高さ100mm、A4サイズの収録装置本体に、最大8枚のシグナルコンディショナモジュールを内蔵。
収録データは、本体やリモコンのキー操作でPCメモリーカードへ、また、付属のPCソフトでネットワーク経由でPCのハードディスクにデータ収録することができます。

     
 

 

             

 

 

特長

 ・3種類(車載8スロットタイプ、車載4スロットタイプ、ベンチトップ4スロットタイプ)の本体を準備
 ・ひずみ、電圧、加速度、F/V、CAN等の豊富な入力アンプをラインアップ
 ・収録データは、本体のメモリカードまたはPCに保存
 ・最大7台での同期収録が可能
 ・設定・収録・波形表示および解析が可能なコントロール・ソフトウェアが標準装備

 

アンプモジュール

 

 

            

  

名称 型式 ch数、備考
動ひずみ/DC入力アンプモジュール AR-60ST8 8ch

AC印加方式ひずみ

          入力アンプモジュール

AR-60ST3A 3ch

アンプ内蔵型加速度センサ

          入力アンプモジュール

AR-60PA9A 9ch
熱電対入力アンプモジュール AR-60TC6-X 6ch、
Xは熱電対タイプによりK、J、またはTタイプを選択
熱電対入力アンプユニット AR-60TC24-X

24ch
Xは熱電対タイプによりK、J、またはTタイプを選択、

本体にAR-60TC24-I/Fインタフェースモジュールが別途必要

FV/パルスカウントモジュール  AR-60FV6 6ch
64ビットディジタル入力モジュール AR-60DI64

4ch

16ビットx 4ch

半導体トランスデューサ用

         入力アンプモジュール

 AR-60SP4 4ch

 

 

 

標準装備PCソフト

 DR600CTLコントロールプログラム(PL-U4610)

  ・表形式の設定とデータモニター・収録画面から構成されます。
  ・データモニターは、波形表示やディジタル値、最大・最小値、オーバーロード状態をマルチチャネル表示できます。

 

   

  

 

  

 

 PcWaveForm波形表示・解析プログラム(PL-U4101C1)

 ・波形表示からFFTをはじめとする一般的な後処理解析を行うことができます。
 ・マルチチャネルのオーバーレイ表示
 ・波形のズーム
 ・信号レベル、マークやカウント数によるデータ切り出し
 ・チャネルデータを音声ファイル(WAV)に変換して再生
 ・X-Yグラフ、FFT、2D/3Dカラースペクトラム、1/3オクターブ、他
 ・チャネル間関数演算機能・スクリプト機能
 ・DADiSP, MATLAB, RPCIII, TEXTファイルへのエキスポート

 

   

  

 

 

                                                             ページのTOPへ

 

一体型車載データ収録システム SR-200シリーズ

SR-200は、コントロールとデータ収録を行うSR-200本体とアンプユニットAR-200シリーズを複数台組み合わせて構築する収録システムです。搭載スペースの限られた、二輪車・建設機械車両・自動車などに車載し、多チャネル収録装置としてご利用いただけます。

     
 

 

 

                                      

 

 

 

特長

 ・一体型にも分散型にも対応したシステム構成
 ・チャネル規模・用途に合わせてユニットを選択
 ・ひずみ、電圧、加速度、F/V、熱電対、CAN等の豊富な入力アンプをラインアップ
 ・SR-200本体単独で、2ポートを持つCANレコーダとして使用可能
 ・メモリカードまたはPCへ直接収録
 ・耐環境性-10℃~60℃、ファンレス構造
 ・耐振動10G/30-200Hz、耐衝撃100G/5ms

 

本体 

 名称 型式  外観 
 センサアンプユニット接続+CANポート(2)  AR-200                     

  

アンプモジュール

 名称 型式   
 16ch 動ひずみ/DC 電圧入力ユニット AR-200ST16A    
 9ch アンプ内蔵型加速度センサ入力ユニット AR-200PA9A    
 24ch ADC ユニット AR-200AD24    
 24ch CAN 出力熱電対アンプユニット AR-60TC24-K/T/J    
 6ch FV/ パルスカウントユニット AR-200FV6   

 

標準装備PCソフト

 DR600CTLコントロールプログラム(PL-U4610)

  ・表形式の設定とデータモニター・収録画面から構成されます。
  ・データモニターは、波形表示やディジタル値、最大・最小値、オーバーロード状態をマルチチャネル表示できます。

 

  

 

   

PcWaveForm波形表示・解析プログラム(PL-U4101C1)

 ・波形表示からFFTをはじめとする一般的な後処理解析を行うことができます。
 ・マルチチャネルのオーバーレイ表示
 ・波形のズーム
 ・信号レベル、マークやカウント数によるデータ切り出し
 ・チャネルデータを音声ファイル(WAV)に変換して再生
 ・X-Yグラフ、FFT、2D/3Dカラースペクトラム、1/3オクターブ、他
 ・チャネル間関数演算機能・スクリプト機能
 ・DADiSP, MATLAB, RPCIII, TEXTファイルへのエキスポート

 

   

 

 

                                                              ページのTOPへ

 

CAN BUSデータ収集システム

 

CAN出力信号変換ユニット CUシリーズ

 CUシリーズは、CANバス経由で受信したメッセージコマンドに従って、CANバス上に様々なセンサ信号を出力する装置です。

 お客様のCANを利用した統合計測・制御環境の構築にお役立ていたします。

 

特長
 ・同一CANバス上に複数・多種のユニットを混在可能
 ・CAN ID、ボーレート、出力周期などをユニット毎に設定可能
 ・自走出力、ブロードキャストコマンド受信によるスタート/ストップ可能
 ・同期パルスによりユニット間の信号発生タイミング調歩可能
 ・動作温度-20℃~70℃、耐衝撃振動1,000G(5ms)、10G(30Hz~200Hz)

 

 

CAN出力シグナルコンディショナ

 センサからのアナログ信号を増幅、A/D変換し、CANバスに出力します。 

 

  24ch温度ユニット(AR-60TC24-K/T/J)

 多ch、高速(出力周期10ms)、高精度で温度計測を行うためのユニット
  ・対応熱電対K、T、Jタイプ
  ・熱電対コネクタタイプ ・光絶縁入力で入出力間、チャネル間絶縁
  ・各ch独立の零接点補償回路により、高精度計測を実現

 

  

 

    

 4ch温度ユニット(CU-TC4-K)

 高精度・高速(出力周期10ms~)で温度計測を行うためのユニット
  ・対応熱電対 Kタイプ
  ・光絶縁入力で入出力間、チャネル間絶縁
  ・アンチエリアジングフィルタ内蔵
  ・4次バターワースローパスデジタルフィルタ内蔵
  ・CAN出力周期変更可(1s~10ms、外部同期)
  ・自走出力On/Off可(DIP SW)

 

    

 4ch絶縁ユニット(CU-IS4)

 電圧信号(絶縁)を計測するユニット
  ・チャネル毎入力レンジ、±1, 2, 5, 10 V設定可能
    オプションプローブとの組み合わせで最大1,000Vの高電圧計測も可能
  ・アンチエリアジングフィルタ内蔵
  ・出力周期(200ms~1ms、 外部同期)
  ・自走出力On/Off可(CANメッセージで切替) 

 

 

    
 4ch 4-20mA/0-5V入力ユニット(CU-CL4)

 4-20mAの出力を持つ計装信号やセンサ信号、あるいは0-5V電圧信号を

  計測するユニット
  ・絶縁4-20mA入力、絶縁0-5V入力をチャネル毎に設定可能
  ・アンチエリアジングフィルタ内蔵
  ・フィルタPass設定時200Hz周波数特性(4次バターワース)
  ・CAN出力周期変更可(1s~10ms、外部同期)
  ・自走出力On/Off可

 

    
 4ch動ひずみ/DC電圧入力ユニット(CU_ST4)

 4chの動ひずみ入力ユニット(チャネル毎にひずみor電圧入力の選択可能)
  ・動ひずみレンジ:±2000、±5000、~±50000μst
  ・DC電圧レンジ: ±1V、±2V、±5V
  ・リモートセンシング対応
  ・アンチエリアジングフィルタ内蔵
  ・CAN出力周期変更可(50ms~0.4ms、外部同期)

 

  

  

    
 4chパルス入力ユニット(CU_PC4)

  4chのパルス入力から、積算カウント、周波数計測を行うユニット
   ・パルス積算、 A/B相パルス積算(2ch使用)、周波数計測モードを

        チャネル毎に設定可能 
   ・最大入力周波数100kHz、最速出力周期5ms
   ・入力分周機能装備

  

 

    

                                                             ページのTOPへ

  

インタフェース変換

通信インタフェースをCANバスに変換します。

 

 シリアルデータ to CAN変換ユニット(CU-SD1)


シリアルデータ出力機器をCANバスに接続するための変換ユニットです。シリアルデータストリームを、変換条件定義を元に任意のCANメッセージとして送信します

 

 ・適合プロトコル

    転送速度最大115.2kbps、パリティ・語長・ストップビット設定可能

 ・サンプリングはシリアルデータ着信

 ・出力周期設定は、RS-232準拠データの受信タイミングに従属するため、

  CU-SD1自体のCAN出力周期設定はできない。


基本機能

・データストリームからの変換対象データの抽出定義

・変換データの形式定義
・接続機器へのデータ転送要求定義
 

 

  

※DR-600シリーズ、DR-200シリーズ、CAN BUSデータ収集システムは、DEICY社の製品です。

                                                            ページのTOPへ