部品・材料・物性試験装置 一覧へ

自動動的粘弾性測定器レオバイブロンDDV-GPシリーズ

レオバイブロン動的粘弾性自動測定器DDV-GPシリーズは、非共振強制振動法の動的粘弾性測定装置です。プラスチックの動的機械特性の試験方法であるJIS K7244-1(ISO 6721-1)通則、JIS K7244-4(ISO 6721-4)引張振動、JIS K7244-5(ISO 6721-5)曲げ振動、JIS K7244-6(ISO 6721-6)せん断振動に適合しています。
そして、その中で、最も基本的とされる一定微量ひずみ振幅による非共振引張振動を基本構造とした、動的粘弾性測定器です。
粘弾性の代表的な特性である温度分散(-150℃~+400℃)、周波数分散(0.01~110Hz)、ひずみ分散などを広範囲な測定レンジにて自動測定し、その卓越した性能と機能性から、多くのレオロジストにご愛用いただいております。

 

 

特長

プラスチック、ゴム、複合材料など高分子材料の動的粘弾性測定に。
試料の形状および弾性率に合わせて、引張法、せん断法、3点曲げ法が活用可能。
シート状、プレート状、棒状試料用に最適な高荷重システムDDV-25GPと、フィルム状、ファイバ状、塗膜試料に最適な微小荷重システムDDV-01GPの2タイプをご用意。

仕様

項目

DDV-01GP

DDV-25GP

動的弾性率測定範囲

0.05~1.6×105MPa

0.5~5×102MPa

tanδ測定範囲

0.001~9.999(0.0001)

周波数範囲

0.01Hz~110Hz(範囲内137点)

動的振幅範囲

±4~±160μm

±4~±250μm

動的荷重測定範囲

±0.0003~±1N

±0.01~±25N

温度範囲

-150℃ ~ +400℃

温度分布

±2℃ at -150℃、±4℃ at +400℃

±2℃ at -150℃、±4℃ at +250℃、±6℃ at +400℃

温度制御モード

等速昇温、ステップ昇温、一定温度

等速昇温

0.5℃ ~ 10℃/min(300℃まで)、0.5℃ ~ 9℃/min(400℃まで)

ステップ昇温

ステップ幅10℃以上

試験の種類

温度分散特性試験/周波数分散特性試験/ひずみ分散特性試験/経時特性試験

試験治具

引張、固体せん断(OP)、DSA(OP)

引張、圧縮(OP)、曲げ(OP)、固体・溶融せん断(OP)

試験寸法(引張)

10 ~ 60mm(L)、1 ~ 4mm(W)、0.005 ~ 0.5mm(t)

10 ~ 70mm(L)、1 ~ 10mm(W)、0.1 ~ 5mm(t)

使用環境

温度20℃±10℃、湿度20~75%RH、振動無き事

寸法

約780(W)×700(H)×780(D)mm PCを除く

重さ

約190kg(PCを除く)

約230kg(PCを除く)

ユーティリティ

電源 AC100V(50/60Hz)、約1500VA(PCを除く)

電源 AC100V(50/60Hz)、約1500VA(PCを除く)
エアードライヤ:AC100V(50/60Hz)、約300VA
圧縮空気 0.7MPa、約35ℓ/min

                                                         ページのTOPへ